巨星墜つ。ダイレクト・マーケティングのグル、ダン・S・ケネディ。

 

こんにちは。

Wellcer w.a.i.cのウラタです。

 

突然ですが、ダイレクト・マーケティングというのはご存じですか?

一般的にはDMのチラシがそれにあたります。

ダン・S・ケネディは、アメリカのダイレクト・マーケティングのグルと

呼ばれる存在。

 

名著、悪魔の法則(新装版は「常識の壁を越えて」)は

一度は目を通してほしいと思います。

常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学

 

訃報を知ったのは、メールマガジン

メールマガジン「ダン・ケネディの惑星」が届いて

最初に目に飛び込んできた文字が

「世界的なDRMの権威、

ダン・ケネディが亡くなりました」

 

え?嘘でしょ?

いつものメールタイトルに、いつものブレッドでしょ?

え?

・・・

 

それでも信用できずに、ダン・ケネディのホームページ

「NOBS(屁理屈なし)のインナーサークル」にアクセス。

英語が全くダメなので、グーグルで翻訳。

本当なんだ・・・

https://dankennedytribute.com/?fbclid=IwAR2hici7TvIdbY7xWYaPRWEUj4LMBWrMnCqU-ZXySXnDFSn1EV8TTcUY_Z0

僕とダン・ケネディとの出会い

僕は、ダン・ケネディに会ったことはありません。

一方的に知っているだけです。

僕が最初にダン・ケネディを知ったのは

先に紹介した書籍、悪魔の法則。

 

大学生で、自己啓発にハマっていた僕は

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」

スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」

といったポジティブ・シンキングを何度も何度も繰り返し

読んでいたときに出会ったのが、「悪魔の法則」でした。

 

経営戦略とマーケティングを学んでいた僕に

ダン・ケネディは、先生であり憧れとなったのです。

 

 

巨星堕つ。そして夢、破れる。

それから20余年。

 

僕の小さな夢の一つに、

ダン・ケネディと握手を交わし、一緒に記念撮影をする。

というものがありました。

そして、

これは永遠に叶うことがない夢となってしまいました。

 

自分の気持ちに整理をつけるべく、この記事を書いています。

妻に「ダン・ケネディがなくなった」ことを話していたときは

結構、普通だったのですが。

 

ダメですね。涙がこぼれてしまいます。

 

 

ダン。ありがとう。

あなたに直接、感謝を伝えたかったけど。伝えることができなくなりました。

英語が全くダメだけど、あなたに会ったときのことを考えて

カタカナ英語ではなく、ちゃんと通じるように

2か国語を話せる僕の子供から、発音を学んでいました。

 

極東のひよこマーケッターより。

 

In order to thank Dan, I learned pronunciation from a bilingual son.

Thank you. I've been "Actioning" all the time to get you approved.

I will keep your words faithfully.

 

From the eastern chick marketer.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事