行動の美学。思考の美学。どちらかが優れているのでは、ない。

こんにちは。

Wellcer w.a.i.cの浦田です。

 

勉強は好きですか?

私、見たまんまだと思いますが、勉強が非常に嫌いです。

 

資格を取って、昇給を狙おう!と思って

じっくり腰を据えて、勉強していた時期もあります。

しかし、記憶力の悪さに辟易しはじめたうえに、昇給はしない。

そうなると俄然やる気はなくなります。

 

でも興味が続く限りは、勉強と感じないのでひたすら趣味。

マクロや数式の限りを尽くして、いかに効率を上げるか・・・

SEOの知識を活かして、いかに狙ったキーワードでヒットさせるか・・・

 

飽きたらそこで終了ですけどね。

 

でも、一つだけ続けているものがあります。

 

アウトプットの前のインプット

アウトプットが大事。というのはよく言われていることです。

インプットしたものを定着させれらないから。

 

で、このインプット。

非常に難点なところは、

一体、どこまでインプットすればいいかわからない。

ということです。

 

なぜ、インプットの量がわからないのか?

これは完璧を求めるからです。

 

ではなぜ、完璧を求めるのか?

失敗をリカバリするのが、大変であることが大きな要因で

最悪、リカバリできなければそこで詰んでしまう。からですよね。

 

カンニングしながらのアウトプットから始めてる

学生の頃から、社会人になっても、カンニングはアウト。

いわゆる不正行為。

 

しかし、ギリギリでリカバリできる範囲内で、行動を起こすためには

どうしてもカンニングが必要。というときは

 

躊躇なくカンニングしてでもアウトプットすべき。と思います。

それでカンニングした内容がわかってしまえば、時短にもつながります。

 

バランス感覚を養ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事